つみき

RCの住宅ならあらゆる震災に打ち勝てる!

揺れに強い建物が最適です

ウーマン

住宅の購入を考えている人にとって最近の大きな地震は不安材料の一つです。家族の安全を考えれば、耐震性のある地震に強い家である必要があります。その為には建物の構造についての知識を理解しておく事が必要です。一般的な住宅の8割以上は在来工法とも呼ばれる軸組工法か2×4工法です。軸組工法は昔ながらの日本の風土に合った建築方法です。リフォームがし易いのがメリットです。2×4工法は高気密で高断熱なので、省エネ効果があります。更にマニュアル化されているので、短期間で完成できるというメリットがあります。どちらの工法もしっかりと建てられてさえいれば地震に強い家として安心して暮らす事ができます。多くのハウスメーカーや工務店は震度6程度の揺れでも建物に対するダメージを最小限に抑えられる様に設計しています。耐震構造を持つ家とは耐力壁を用いて接合部分に金具を使用して建物を強くします。制震構造ではエネルギーを吸収するダンパーを使用して被害を抑えようとするものです。更に免震構造は地盤と建物の間に積層ゴムを設置する事で揺れそのものを抑えられます。家具等の転倒も減るので、より安全性の高い工法です。各ハウスメーカー等はこれ等の方法に加え、独自の技術による地震に強い家づくりを目指しています。そして地震に強い家を建てるには親身に応じてくれる優良な業者を探す事が先決です。展示会や構造説明会等に足を運んで話を聞けば、建物に対する業者の姿勢等を知る事ができるので、選ぶ際の参考になります。